原状回復のガイドラインとは

2009年6月25日 04:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

原状回復に関する敷金の精算トラブルが非常に多いようです。そこで、国土交通省が妥当だと考える、一般的な基準に関して作成したガイドラインがあります。あくまでもガイドラインですから拘束力のあるものではありませんが、それでもトラブルの際の手引きとしては非常に役に立つものです。
しかしこうなる前に大事なことは、 契約をする時に、不動産会社から退去時における費用負担の内容について、詳しい説明を受け、不明な点は質問し、双方が納得してから契約することでしょう。
意外と不動産会社も敷引と特約については取扱いを知らないケースもあるため、特に事前確認は必要なのです。
現在、既にあなたが賃貸借契約を締結されている場合は、その現在の契約書が有効なものと考えるのを前提にして、契約内容に沿った規則の取扱いが原則となりますが、もしも、契約書の条文があいまいであったり、契約締結時に何らかの不明確な問題点があるような場合は、この国土交通省ガイドラインが参考となります。
契約書の中の特約については、借主の同意が無いと有効にはなりません。又、通常損耗を全額借主負担にする内容も認められていません。契約書は、とにかく念を入れて確認しなければなりません。

 

 高校生でもできるアルバイト  高校生のためのアルバイト
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

原状回復に関する敷金トラブル
そもそも敷金とは、賃貸していた部屋を退室する際に、入居中の破損箇所を修理するための費用で、それを入居前に先払いしているものです。
原状回復のガイドラインとは
現在、既にあなたが賃貸借契約を締結されている場合は、その現在の契約書が有効なものと考えるのを前提にして、契約内容に沿った規則の取扱いが原則となりますが、もしも、契約書の条文があいまいであったり、契約締結時に何らかの不明確な問題点があるような場合は、この国土交通省ガイドラインが参考となります。
善管注意義務違反
国土交通省が作成したガイドラインの中には、借主は、借りている部屋に関して、「善良なる管理者の注意義務」を持って部屋を保管し、使用する義務を負っていると明記しています。
通常使用による損耗等の貸主負担
退去時の原状回復に関する敷金トラブルにおいて、国土交通省ガイドラインでは、貸し手側は、経年変化や、借り手の通常の使用による損耗等の負担があることを明記しています。
敷金トラブルを未然に防ごう
退去時の原状回復に関して敷金トラブルが起きてしまった場合は、法律では消費者つまり借り手が有利になっていますので、交渉がうまくいかない時は、速やかに相応の対処を行う事が大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/360

コメントする

このサイトを購読する